GUN WORLD専門用語

【は】 2件

【半戦闘 (はんせんとう)】
9マス戦闘
([角度修正]の項で説明)
と対を為す攻撃角度より距離間を重視した戦闘方法。

文章にして、
「従来の2D見下ろし型戦闘」
である。

9マス戦闘の場合、
キャラクターを自己視点にした、
縦3マス×横3マス×距離間3マスであった。

例えばマンションの中庭と屋上に敵がいたとする。

9マス戦闘で表すと、
自己視点になるので中庭の敵は真正面に。
屋上にいる敵は画面右上側となる。
@ A 3F
C NN E
F G H


これを半戦闘で表すと以下のような位置関係になる。

┏┓ ┏━
┃┃3F┃ 
┃┗━┛NN←PC
┗━━━━
PC:プレイヤーキャラクターの向き

上から見下ろした視点での半戦闘は、
9マス戦闘と異なりMAINキャラクターのターン数が1回に固定されてしまう。

ただし、移動とターンは同時に宣言でき、隠れた(HIDE)ときに使う隠れ撃ち《ブラインドファイア》のコストがかからない。

また、[不意打ち]やヘッドショットによるダメージ倍率が独自に存在する。

不意打ち:威力2倍
ヘッドショット:威力1.5倍
クリティカル:威力3倍


【パーツショット (ぱーつしょっと)】
プレイヤーターン時に宣言する[SPECIAL]の一つ。

射撃(GUN)もしくはその他の白兵攻撃(ETC)による攻撃時、

対象の部位を指定する。

主に頭、腕、脚、胴部の4種類で、
《パーツショット:頭部》なら頭を。

《パーツショット:脚部》なら足を狙う。

部位によって与える効果が異なる。

頭部:ダウン値+1
→【STR】体術に派生可

腕部:(現行ルールでは)
[1MORE]値を−[【TEC】×2]する
最大10。
→【TEC】体術に派生可

脚部:ダウン値+1
→【AGL】体術に派生可

胴部:《コンセントレイト》を宣言する際、
胴部を指定すれば《パーツショット》分のコストがかからない

半戦闘時のみ、
《パーツショット:頭部》はヘッドショット扱いとなり、
GUN威力を1.5倍にして算出する特殊効果がつく。



[戻る]



©フォレストページ