花舞う街で
2人で歩いたこの道、




今は一緒にいれないけれど…





いつか、いつか絶対君の隣に帰ってくるよ。




「愛してる。」




この声は君に届いたかな?





何よりも大切なきみに。


Must read

Profile

Library

Bulletin board



Link

Ranking

8月12日



「大丈夫だよ。」




そう言った僕の顔は笑えていたのかな、





君の不安を取り除けるぐらいの微笑みだったかな。




でも、きっと貴方は気づいていたでしょう…?



私の涙を隠した笑顔に。


ブックマーク|教える
訪問者33202人目




©フォレストページ