Akastuki

□サスケの恋路
1ページ/2ページ


『サスケの恋路』


サ「サソリの旦那。
相談事一ついいか?」

蠍「旦那じゃないマスターだ。
お前まで旦那言うか。デイダラだけで勘弁してくれ。
で、相談事って何だ。」

サ「俺…恋しちゃったんだ…。」

ナ「こーいしちゃったんだ、多分気づいてない…♪
って…ええぇ!!?」

イ「誰に!?俺に!?そーかそーか。」

サ「なわけねーだろ。
マツコさんにだよ。」

デ「マツコさんって…
マツコデラックスのことか?うん。」

ナ「サスケ…あの人…実は漢…。」

サ「知ってるわ!!
つーかマツコでもデラックスの方じゃねーから。
違うマツコさんだから!!」

蠍「…もしかして、最近芸能界入りした新人のアイドルちゃん?」

サ「そう。」

イ「くそっ…サスケを…俺のサスケをゆーわくしやがって…!!」

ナ「新人アイドル…マツコちゃん。」

蠍「はい、トマトジュース。
…マツコちゃんね。俺的にはあんまりお勧めできない子だな。」

サ「…なんで。」

蠍「性格悪いんだって。」

サ「ウソだぁ。」

デ「いやいや、それはホントの話だぜ?うん。」

蠍「よし、じゃあデイダラ。
お前の体験談でもそこの若僧に話してやってやれ。」

デ「OK、サソリの旦那、うん。」

蠍「旦那じゃなくてマスターな。」

デ「…この前、
ある番組の撮影でそのマツコちゃんと一緒になったんだけどな…?


マ『よろしくお願いしまーす!!
あ!!あなたが噂のデイダラさんですか!?』

デ『…そうだけど、うん。』


一時だけな?
一時だけ、名前知っててもらえて嬉しかったんだよ、うん。

なんか笑顔可愛いし、いい子そーだなぁって思った訳よ、うん。

でもな…?


マ『うわー!!
そのデロンデロンに伸びた金髪、マジださーい!!
ありえないよ、あんた!!
アハハハハハッ』


俺がよろしくねって言おうとした瞬間これだぜ?うん。
マジくそありえねーのはどっちだっつーの、うん。」

蠍「どうこの話聞いて。
悪い子だろ?マツコちゃん。」

サ「…本当のことが言える女って素晴らしいと思う。
好感度アップだ。」

デ「おいー。
しかも本当のことってなんだよ、うん。
お前もおいらのことキモイとか思ってんのか!?うん!」

イ「よし、じゃあ、次は俺が行こう!!」

蠍「どーぞ。」

イ「俺もこの前、テレビのかんけーで一緒になる時があったんだ。

…それで、そのマツコちゃん。
わざわざ俺の楽屋にまで挨拶しに来てくれたのはいいんだが…


マ『ねぇ、そのシワ何とかなんないの?変だよ?
あと、下のまつ毛長い理由、つけまだからなんだってね。
男のくせにつけま?キッモー!!
アハハハハハッ』


って暴言はいて去っていきやがった。」

サ(爆笑。)

イ「おい、弟よ。
なに大爆笑してんだこらぁぁッ!!
コンプレックス(しわのこと)言われたんだぞ!?
下まつ毛、別にこれつけまでもなんでもない自まつ毛なのにつけまって言われたんだぞ!?
しかも最後にはキッモーだぞ!?
これを言われた俺の身にもなってくれ!!」

サ「俺と思っていることが同じ…。
つまり俺と気が合うってことか。
ますます好感度アップだ。」

蠍「あんた、ポジティブすぎるよ。」

イ「サスケも同じこと思ってたの…?
もう俺、下まつげ切るわ。
シワにはヒアルロン酸注射しとくわ…。」

サ「勝手にどーぞ、クククッ…。」

蠍「それ俺の笑い方。」

ナ「なぁ、俺からもいいか?」

蠍「もちろん。」

ナ「えーっとな、俺は何かの番組で一緒とかは無かったんだけど…

テレビ東京の中の廊下で、偶然マツコちゃんとばったり会っちゃったわけ。

で、顔をまじまじと観察されて、
『何だってばよ。』
って聞いたらさ、アイツ…


マ『目はブルーで髪は金なのにけっこー色黒だね。
もしかしてあれ?出来損ないの白人?
あ、でも色黒だから白人じゃないか…。
じゃあ、カラコン入れて髪の毛金にしてちょっと外人気取っちゃってる感じ?
マジで?やめなよ、なんかあつくるしーよ?
もうさ、肌の色も脱色しちゃえばいいんじゃない?
マイケルみたいに。
アハハハハハッ』


ってコラァァァ!!
マイケルに失礼だろーが!!」

サ「お前だけなんかキレるとこずれてるぞ?」

イ「なぁ、サスケ?
こんだけ彼女のこと聞いてもまだ好きなのか…?」

サ「残念ながらな。
お前らがなんと言おうが俺の意志は変わらない。」

デ「ダメだ。頑固すぎるよ彼…うん。」

蠍「イタチそっくり。」

イ「俺こんな頑固じゃないぞ?」

デ「いやいや、頑固だろ、うん。」

イ「頑固じゃないッ!!」

サ「いや、アンタは頑固だ!!変態!!」

イ「Oh my God!!」

サ「…ま、そーいう事だから、
近々俺はマツコちゃんに告白する。」

ナ「デラックスと間違えんなよ?」

サ「誰も間違えねーよ!!」

蠍「Good luck.」





.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ