Akastuki

□祝、開店。
1ページ/1ページ


『祝、開店。』


祝、BARサソリ座の女開店。
オーナーはもちろんサソリ。

デ「サソリの旦那ぁ…
なんでBARなんて開こうと思ったんだよ、うん。」

蠍「旦那じゃないマスターだ。
…NARUTO疾風伝…
ずいぶん前に殉職させられてさ。
それから全く仕事来ないし、親のすねかじる訳にもいかないから。」

デ「へー。」

蠍「…恋愛相談とか、人生相談とか、聞いてやるから絶対毎日来いよ?」

デ「…風邪引いたときは無理だ、うん。」

蠍「無理してでも来い。
来なかったらくぐつにするぞ?」

デ「インフルエンザにかかっても来ます。」

蠍「それでいい。」

そこに扉が開くカランカランという音。
サスケ・ナルトを引き連れたイタチ来店。

デ「あ、イタチの旦那、来てくれたのか、うん。」

イ「お供もつれてな。
紹介する、キジと犬だ。」

サ「桃太郎かよ。」

ナ「つーか、キジと犬なんかじゃないよ俺ら。」

蠍「まぁ、イタチ、キジ、犬…この辺に座れ。」

ナ「だからキジと犬でも何でもないってば!!」

蠍「単なるジョークなのに何キレてんだよ。
こわーい。」

イ「…キャラ変わってるけど大丈夫なのか?」

デ「旦那はもともとこーゆーキャラっすよ、うん。」

蠍「旦那じゃないマスターだ。」

サ「すんません、赤ワインひとつ。」

ナ「俺らsixteen。
お酒飲めないからな?」

サ「なんでsixteen英語にしてんだよ。
なんかキモいぞ?」

ナ「うるさい。」

蠍「はい、赤ワイン。」

ナ「おい、何ナチュラルに赤ワイン出してんだよ。俺ら未成年!!」

イ「サソリ…赤ワインじゃなくてサスケにはトマトジュースを出してやってくれ。同じ赤だろ?」

蠍「トマトジュースね。了解。」

デ「そういえば、イタチの旦那とそのお供たち。
何か相談事でもあればサソリの旦那に話してやってくれよ、うん。」

イ「相談事か…。」

ナ「特にないってばよ。」

サ「強いていうならあれだ。
兄がウザイがどーすればいい?
夜な夜な俺の寝床に潜り込んで来るんだよ。」

デ「キモ。」

イ「キモってなんだお前。
天照喰らわすぞ?」

デ「…すみません、うん。」

蠍「寝床に潜り込むか…。
さすがイタチ。お前やるな。」

イ「いやいや、それほどでも。」

サ「何褒めてんだよチビ。
俺は真剣に毎晩悩みまくってんだよチビ。」

蠍「チビチビうるせーな。くぐつにするぞチビ。」

サ「だまれチビ。」

ナ「どっちもどっちだってばよ。」

サ「なんだよ。
そーゆーお前もチビだろうが。」

デ「身長の話はもうやめようぜ?うん。」

蠍「…そうだな。
で、お前はイタチの変態行為を何とかしたいと。」

サ「ああ。」

蠍「だったら殺せ。」

イ「サソリ。人の弟に変なことアドバイスしないでくれ。」

サ「OK、参考になった。」

イ「いや、参考にするな。」

蠍「はい、トマトジュース。」

サ「やった。」

ナ「俺もなんか頼もっかな…。」

デ「あ、ちなみに一杯1000円らしいぜ?うん。」

ナ「高ッ!!」

イ「典型的なぼったくりだな。」

蠍「うるさい文句言うな。」

サ「ブーーッ
辛ッ!?何コレ、辛ッ!!」

ナ「辛いの!?
トマトジュースって辛いの!?」

イ「サスケェェェ!!」

デ「サソリの旦那…。
イタチの旦那の弟くんに何の恨みがあってタバスコなんか…。」

蠍「顔。」

デ「嫉妬してたのかよ!!うん。」



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「うぬぼれ刑事」って言うドラマで思いついたネタ。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ