Akastuki

□就活
1ページ/1ページ


イ「そうか俺ももう21か…。」

鬼「そうですよ。
そろそろ就職のこととか考えたらどうです?」

イ「あ、教授。」

鬼「でもまぁ、就職のこと考えるって言いましても、あなたなら何とかなるでしょう。
成績いいし。」

イ「ありがとうございます教授。
でもですね…俺…やりたい職業が見つからないんです。」

鬼「いや、今さらですか?
今さらそんな事悩んでるんですか?
あなたやりたい仕事があるから、それに就くためにこの暁大学入ったんでしょう?」

イ「はい、そうなんですが…
気が変わってしまって…。」

鬼「…そうですか。」

イ「うーん…教授、本当に俺、どうしましょう…。」

鬼「…まず、あなたが今やりたいと思っている事は何ですか?」

イ「いや…執事として働けたらなって…。」

鬼「執事…
イタチさんが執事…?」

イ「…おかしいですか?」

鬼「いや!全然!!
…あの…どこの家で働きたいとかは決まって…」

イ「当たり前だろ、決まりまくりだッ
俺はサスケの執事として働くッ。
あーんなことやこーんなことの手伝いをするんだ!!」

鬼「…。
それは収入ゼロですけど大丈夫ですか?」

イ「何。収入ゼロでも主人の家に同居すれば何の問題もナッシィング。」

鬼「…それ、親じゃなくて弟のすねかじりみたいなものですよね?」

イ「…。」



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

イタチが執事って…
主人の方が大変そう。


.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ