Akastuki

□鮫逮捕
1ページ/1ページ


イ「鬼鮫、お前を現行犯で逮捕する。」

鬼「…は?
イタチさんどうかしましたか?」

イ「手錠がっちゃん。」

鬼「いや手錠がっちゃんじゃなくてですね…
って、ちょっと!!何リアルに手錠かけてんですかあなた!!
もー外れないじゃないですかぁ!!」

イ「フフフ…それの鍵は俺が管理している。」

鬼「だめです。イタチさんが鍵の管理人じゃあ、いつその鍵が行方不明になってもおかしくありませんから。
早くこちらに渡してください。」

イ「何だお前!!
そーいって自分で手錠といて逃げる気だろう!?」

鬼「当たり前じゃないですか!!
何で私がイタチさんに逮捕されなくちゃならないんですかッ
大体、私何も悪いことなんてしてませんから!!」

イ「しらばっくれるな!!
悪いことしてないだと…?しまくりじゃないか!!」

鬼「何で!?」

イ「さぁ…天照をくらいたくなければ早くお前のやった罪、洗いざらい白状しろ!!」

鬼「だから何もしてませんって!!」

イ「チッ、図太い奴め。」

鬼「いや、図太いも何も…。」

イ「そもそもお前、何で逮捕されたか分かんないだろう?」

鬼「ええ、何もやってませんから。」

イ「いいだろう、教えてやろう。」

鬼「だから何もやってません。」

イ「お前は…性犯罪の罪で逮捕されてるんだッ!!」

鬼「何でですか!?
私、そんな卑劣なことしてませんよッ!!」

イ「したじゃないか…お前の後輩である水月くんに…。」

鬼「してませんッ!!
しかもここ最近彼には会ってもないですよッ!!」

イ「確かに後輩という存在は可愛いものだろうが、
その可愛さを汚すようなお前は絶対に許されないッ」

鬼「変態ブラコンのあなたに言われたくないですよッ一番ッ」



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

初、暁ネタ。
初がこんなんで申し訳ない。



.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ