Akastuki

□サソリの悩み
1ページ/1ページ


『サソリの悩み』


BARサソリ座の女、いつものように開店中。


しかし、そんなBARでもいつもと違うところがひとつあった。


イ「あの…店長、なんでそんな機嫌悪いんですか?」


心配そうなイタチの視線の先には、
イライラしてなんとなく落ち着かないBARのマスターことサソリ。


デ「中坊に間違えられたんだそうです。な、旦那。」

蠍「旦那じゃないマスターだ。」


そうキッと反論するが、その仕草が余計に中坊に見えたのか、爆笑しだす16歳2人。


蠍「…何がおかしい。」

ナ「だって…
なんで35なのに中坊に間違えられんだってばよ…ブッ」

サ「最低でも20年間の差があるぞ?…プッ」

ナ「20年じゃ…あれじゃね?子ども産めるよ。」

サ「ギネスブック更新だな(笑)」

蠍「いや、おかしーだろ。
なんだよギネスブックって。のらねーし、そんな年齢差なんて競う必要もねーし。
あと、子ども産めるとか、無理だから、俺男だし。」

イ「でも、何でそんな大胆な間違えられ方したんだ?
学生の町にでも飛び出してったのか?」

デ「渋谷とか原宿とか池袋とか…」

蠍「原宿に行って参りました。」

ナ「何故謙譲語。」

イ「あ〜、原宿か〜。
だめじゃないか1人で行ったりしたら。危ないだろ?」

蠍「お母さんですかアンタは。」

サ「んで原宿でなに?
巷の怖いお兄ちゃんたちに『おい、どけよ中坊』とか言われて睨まれたのか?」

蠍「そんな柔な奴だったら今ごろイライラなんかしてねーぞ?俺は。」

ナ「じゃあ何があったんだってばよ。」

蠍「あのな、この店内に飾れるなんかいい小物ねーかなぁって、例の竹下通りほっつき歩いてたわけだよ。
そしたらさ、三人組のイケイケギャルたちに『ねぇそこの人』って声かけられて、『何!?逆ナン!?』って思いながらウキウキ気分で彼女たちがこっち来いっつーからついてったんだよ。」

デ「バカだろアンタ。」

蠍「アンタじゃないマスターだ。
…それで、ついてったら連れてこられたのがどっかの路地裏でさ、
おっ、なんかヤバいかもって思って逃げようとしたんだけどな、
既に時遅しって感じで。俺、イケイケギャルたちに胸ぐら捕まれて『金よこせよ』って言われてさ。」

サ「…うける(笑)」

蠍「何でだよ。」

イ「金は…あげちゃったのか?」

蠍「ああ。超怖かったから仕方なく…。」

デ「だめじゃん。」

蠍「それで、財布出したらそれごとひったくられて。
ああ、これがオヤジ狩りって奴か…原宿怖ぇーって思ってたらさ、
イケイケギャルの1人が、俺の財布の中見ながら、
『中坊のくせに持ってんなぁ、金。』って呟きやがって。」

ナ「あー…。」

蠍「もう…そりゃ誰だって腹立つだろう!?
財布の中見ながら中坊なんて言われてさ。
わかるか?この俺の気持ち!!」

サ「悪いな。俺は大人びてるねとしか言われたことないから。」

デ「自分まだ19なんで、うん。」

蠍「薄情な奴らだ…。」





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

中坊に間違えられるのは、自らの身体をくぐつに変えてしまったからだよきっと。イコール自業自得さ。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ