TAKA★

□同窓会に行くには
1ページ/1ページ


メガネに鼻のついたおかしなものをかけて、鏡とにらめっこしている鷹の隊長ことサスケ。

水「……何やってんの?」引。

サ「ああ…今度同窓会があるんだよ。
あのー…俺が通ってた学校の…なんだっけ学校名…。」

水「え、そーいうのって忘れちゃうもんなの?」

サ「あ、そーだ。アカデミーだった気がする。」

水「まぁ、そこの同窓会があるのね?」

サ「ああ。」

水「でも大丈夫なの?そのアカデミー?って学校、木の葉にあるやつなんじゃないの?
サスケって抜け忍だよね?
戻っても平気なの?」

サ「ハテナマーク多いよあんた。
平気なわけないだろ。
俺が堂々と『みんな久しぶり!!大きくなったなぁ。うわサクラ美人〜!!』とかいって現れたらウスラトンカチの野郎が『うわーッサスケだ!!みんなそいつを捕まえるってばよ!!ぜってー連れて帰るからな。』ってなって大変なことになるだろうが。」

水「…。」

サ「だから、奴らに俺がうちは家の次男坊だと気づかれないようにするため、これをかけていくんだ。」

水「…えーっとね、サスケ。」

サ「何だ?」

水「逆に目立つと思う。」




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

一回かけてみたい。
メガネに鼻ついてるあのアイテム。



.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ