TAKA★

□春先の猫
1ページ/1ページ



春先の猫ってのは、
ニャーニャーニャーニャーうるさい。



今日もなんか外で鳴いてやがる。



よそでやってくれよ、ったく…。




ウチがそんな事をブチブチ言っていたら、
外で交尾をし出した猫2匹を凝視しているサスケの姿が目に入る。



あーゆーのは…ほっといた方がいいんだよな。



猫と言えど、他人の交尾を凝視するなんて人間として終わってると思う。



ウチは白い目でサスケのことを見つつ、
彼から離れようとそっと立ち上がった。



すると、

「香燐。」

猫の交尾を凝視している奴に名前を呼びとめられる。


「な…何…。」

「俺たちも…子作りしようか…。」

「…。」



嬉しいんだか嬉しくないんだか…。



「それは…ウチじゃなくてもいい系…?」

「そうだな。
もう誰でもいいからてっとり早くやりたい。」



誰でもいいってなんだよ!!

サイテーだよコイツ!!



「じゃあ水月とやれ。」



冗談めかしにそう言ってやった。


サスケもさすがに男とは無理って…


「…分かったよ。」

「いや分かるな。」










‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

鷹班隊長も発情期です。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ