TAKA★

□ロケ地は日光!!
1ページ/3ページ



サ「よっしゃー!!日光だぜベイベーッ」






これは、サスケ率いる男3人、女1人の4人グループがまだ"蛇"だった頃の思い出。










ロケ地が日光ということで、そこに向かうべく、はとバスに揺られる蛇班一行。


ガラにもなくバスの中で騒ぎまくっているのは隊長サスケ。



水「ちょっ…座りなよサスケ。
バスの中で立つなって、小学校の時教わらなかったの?」

サ「うんうん、日光と言や、小学5年ん時の自然教室以来だな!!
確かあん時は4泊ぐらいしたっけ…。あー懐かしい。」

香「なんか思い出を語り出した…。」


と、バスがガクンと揺れる。

うわっと叫びながら転倒する隊長。


水「だから言ったのに…。」

重「…。」

サ「いてーなコノヤロ…
もうちょっと上手く運転しろや運転手!!」

水「チンピラじゃないんだから運転手さんに絡むなよ…。」

重「サスケ…もう少し静かに、大人しくしてろよ。
日光までは長いんだ。そんな調子じゃ、いろは坂にさしかかる前にバテるぞ?」

サ「俺は今テンションがハイなんだよ。
落ち着くなんて無理だな。」

水「ケガしても知らないよ?僕は。」

サ「心配ご無用。
バンソウコウ大量に持ってきたし。(言ってポケットから沢山のバンソウコウを出してみせる)」

水「…何のために。もしかして君、ケガするために日光に行くつもりじゃないよね?」

サ「なワケあるか。バカかお前。
じゃなくてサルだ。日光のサルと対戦すんだよッ」

香「サル…?」

サ「小5の時にバトルして、見事にやられたからな俺。
だから仕返しをしに行くんだよ。
さー、日光のモンキーどもは華麗な高校生になった俺に勝てるのかな?w」

水「君がピンチになっても助けにいかないからね。僕は。」

サ「来なくていい。
俺1人で十分だ。」

重「自信過剰な気もするが…まぁいいか。」

香「よくねぇよ!!
最近ニュースとかで見るけど、日光のサル達は凶暴化してるらしいじゃねーか!!
ヘタすりゃサスケは病院送りになるんだぞ!?」

サ「香燐…心配するな。俺は強い。(親指を立てる)」

香「そーゆーアホらしい動作がさらに不安を煽るんだよ!!」


と、そこにケータイの着信メロディー。


サ「ん?俺のだ。(カバンからケータイを取り出す)」

水「誰から?」

サ「…ナルトじゃねーかよ。」

重「うわ!!主役からメールとか羨ましい…!!」

サ「何だアイツ。今頃東京で俺の日光行きを妬んでんのか…?w」

香「何て書いてある?」

サ「…『おっす、サスケェ!!実は俺たちも日光でロケやるらしいんだw今みんなでバスん中乗り込んでそっちに向かってる。
安心しろって、お前の兄ちゃんも一緒だから。
で、日光着いたら2人でサル退治しようぜ!?』
…ヤベー、増援だw」

水「レギュラーキャストが2人も病院送りか…。
スタッフも泣くだろーね。」

サ「ちょ…病院送りって何だよ。勝手に俺の負けを決めつけるなよ。
っつーか、イタチも来んの!?」

香「激しく嫌がってる…。」

サ「くっそー…絶対あの野郎、俺のサルへの復讐を止めに入るぜ?…ったくッ」

重「それが正解だと俺は思うが…」

サ「ちくしょう、こうなったらナルトと作戦会議だ!!
イタチをうまく言いくるめる作戦を…!!」

水「言いくるめるなんて出来ないと思うけど。
…まぁ頑張れ?僕ちょっと仮眠とるから。起こしたらただじゃおかないよ?」

サ「何で俺だけを見据えて言うんだよ…。
何もしねーよ。さっさと寝ろし。」

水「…。(バス座席を限界まで倒して持参の掛け布団を頭までかぶる)」






.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ