TAKA★

□追いだき
1ページ/1ページ



水「うーん…ぬるいなぁ…」


冬場のお風呂って、冷めやすいから困るんだよねぇ…。


こっちが体洗ってる隙にどんどん熱を逃がすからさ、湯船の奴。


水「ま、追いだきすればいいんだし、別にいっかぁ…。」


ホントは重吾に
追いだきは給油代がかかるからダメって言われてるけど、

そんなの僕は知らないもんね。


それにぬるい風呂に入ったって風邪引くのがオチだし。


やっぱ、冬の風呂には追いだきが必要不可欠でしょ。







サ「お前、風呂まだかよ、早くでろよ、ってゆーか、俺もう入るけどいいな?」


しばらく僕が追いだきしながら湯船に浸かっていたら、

サスケが僕の風呂っていうテリトリーに侵入してきた。


水「あ、ごめん、つい。」


慌てて湯船から出る。

シャワーを適当に浴びたサスケは僕が去った後の湯船に片足を入れて「熱ッ」っと言ってすぐにその足を引っ込めた。


サ「お前…追いだき何回やった?」

水「五回くらい。」

サ「あーまた給油代のかかる…。」


彼はブツクサ言いながら、

シャワーを水に設定して、それを熱くなりすぎた湯船の中に注ぐ。


…それの方がよっぽどもったいないと思うんだけど。


我慢して入っちゃえばいい話なのに。



そうサスケに言いたかったけど、言うとまためんどくさくなりそうだったからやめて、とっとと風呂場から出た。



サ「っつーかお前も、よくこんな熱い風呂入れるよな。」


濡れた体をタオルで拭いていると、湯船の中のサスケにそう言われる。


水「それは単に、君が熱がりなだけでしょ。
猫舌ならぬ猫体じゃない?」

サ「俺は猫って言うより狼だと思うんだけど…。
でも浸かってて気づかねぇの?この風呂の熱さに。」

水「うん、全然。」

サ「不思議だなお前。」

水「でしょ?」


そこで会話は途切れた。



…でもさ、追いだきって、それやりながら湯船浸かってると
自分が浸ってるお湯が相当な熱さになってることなんてフツー気づかないもんでしょ。


別に僕だけに限ったことじゃないと思うんだけど。





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

管理人宅ではよくあるエピソード参照。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ