The Union 忍

□猛暑
1ページ/1ページ


ナ「あ…あついー…。
今気温何度だってばよ…。」

サイ「今は…36.6℃だね。」

ナ「おう、サイ…サンキュって何で温度計なんか持ち歩いてんだってばよ。」

サイ「…なんとなく。」

ナ「あ゙ーそれにしても36.6かぁ…
体温と同じじゃねーかッ」

サイ「そうだね。
もうサウナだよ。」

ナ「しかも湿気ハンパないし…
もう…オレ…プリンになる…!!」

サイ「蒸しプリンか…
食べたいな。」

ナ「つーかさ…木の葉でもけっこー砂漠みたいにあちーのに風の国のほうは大丈夫なのか?」

サイ「向こう砂漠みたいじゃなくて、もう砂漠だよね。
砂ばかりだし。」


〜風の国〜

我「…死ぬ。」

カ「死ぬなッ」

我「大体、なんで俺の衣装長袖なんだ!!
くっそ…裸になりたい。」

カ「裸はヤバいじゃん?
せめて下着じゃん?
つーか、我愛羅…。お前の服なんてまだマシじゃん。俺を見ろ。」

我「あー…
見てるだけで汗かいてくる。」

カ「だろ!?」

我「おい…テマリ…。」

テ「なんだい?」

我「お前のあのでかい扇子であおいでくれ…。」

テ「いいけど…吹き飛ばされるぞ?」

我「…じゃあ…フツーの扇子で。」

テ「はいはい。」


〜暁アジト〜

デ「なぁ、サソリの旦那。
旦那の故郷大変なことになってるらしいぜ?うん。」

蠍「…大変ってどんな。」

デ「なんかニュースで見たんだけど、
最高気温45.3℃だとさ、うん。」

蠍「…チヨばあ!!」



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ほんっと最近暑い。
家の近くの駐車場、もうハンパない。


.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ