The Union 忍

□砂漠送葬
1ページ/1ページ



ナ「俺さ、我愛羅の得意技の"砂漠送葬"って奴の発音だけ耳にしたとき、
実はちょっとだけ笑っちまったんだ。」

我「何だその失礼極まりない告白は。」

ナ「後で台本みて、あ、こんな怖い漢字なのねって納得できたんだけど、
台本見る前は、お前が『砂漠soーso』って言ってんのかと思っててさ。」

我「砂漠soーso…」

ナ「直訳するとまあまあな砂漠。」

我「かっこ悪…。」

ナ「だよな。
しかもお前めっちゃどや顔でカッコつけつつ呟いてんだもん、soーsoって。
そりゃ笑いたくなるってばよw」

我「…ナルト。」

ナ「ん?」

我「今度お前の新技をどんなにカッコいいとしか思えなくても、とりあえず思いっきり笑ってやる。
で、送葬してやるクソが。」

ナ「止めてほしいけど、
無理して笑わなくてもいいぞ?」






‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

三年前の思い出話。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ