The Union 忍

□バネにして…
1ページ/1ページ





俺はついに、やってしまった。




「ぬおーッ!!やべぇだろこれはァァ!!」




そう。




そのやってしまったこととは、




「学年最下位とか、ある意味で学年主席だなウスラトンカチ。」




二学期中間テストの結果、

221人中221番。



つまり、学年最下位。




中間テストの結果が帰ってきて知ったこと。




もう俺には帰る場所がない。




さぁ、どうするか。




ってゆーか、

「おめーにだけは知られたくなかったってばよ、サスケ。」




俺の前に立ちはだかるこのうちはサスケ、学年主席。




俺の一生のライバル。




そいつはわずか2pの身長差を利用して俺を見下ろしている。




この見下ろしているときのコイツの顔。





ムカツク。






ばかで悪かったな!!






何か言い返してやりたかったけど、コイツの弱点は見つからず。




もうこの屈辱感?




最悪だってばよ。










‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

じゃあこの屈辱感をバネにして、次は頑張ってね!!…と、親は言うだろう。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ