The Union 忍

□さんまの塩焼き
1ページ/1ページ



カ「なぁ…聞いてくれよお前たち…」

ナ「なんだってばよ。」

カ「今年の夏さ…暑かったじゃない?」

サ「まぁ、今も暑いですけど。」

カ「そのせいでさ…サンマが…不漁なんだって…。」

ナ「さんまが不良?」

サ「明石家さんまが不良になっちゃったってことだよ多分。」

カ「いやいや全然違うからお前らの解釈。
なんで暑さで明石家さんまが不良の道に走らなきゃいけないの。
じゃなくてサンマが不漁。
サンマが取れにくくなってんの。」

桜「…でも、それがどうしたんですか。」

カ「俺の好物知ってるでしょ?者の書に載ってたでしょ?
サンマの塩焼きって。」

ナ「明石家さんまの塩焼き。」

サ「うわ食べたくないねそれ。」

カ「ちょっと、明石家さんまいつまで引きずる気?
明石家さんまの塩焼きじゃなくてサンマの塩焼きね?魚の方ね?」

桜「だから何ですか?」

カ「だから、俺の好物が希少価値になるんだよ今年は!!
去年は大漁でうっほほーいだったのになにこの去年と今年の差。」

ナ「カカシ先生、希少価値ってもともと明石家さんまは一人しかいねぇ。」

カ「だから、明石家さんまじゃないって言ってるでしょ!!」

サ「大丈夫ですよ。そんな、サンマが食べられなくなったくらいで、人間、死んだりしませんから。」

ナ「そーそー。
大げさなんだって、カカシ先生は。」

カ「何言ってんだよお前。
ナルト、あんたにとったら一楽のラーメンがつぶれるくらいの一大事なんだからな?
大げさ言うなよ。」

ナ「ヤベー…それは超一大事だってばよ…。」




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あたしもサンマ好きなんで、はい魚のほうの。だから母から「今年はサンマ(魚)不漁なんだって。」と聞かされたとき大いにショックを受けました。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ