TAKA★

□マダラ's時空間の中で…
1ページ/1ページ



マダラおじさんの異空間忍術で
どこかに飛ばされたサスケと香燐であったが、


これはそのシーンでの舞台裏の話…。









サ「スタッフから聞いたんだけどよ…
鷹解散ってマジ?」

香「ちょっサスケ、むっくり起き上がるなよ!!
もうすぐ本番入るんだから!!
監督が"アクション!!"って言うんだから!!」

サ「知らねーよ…
つーか解散って…マジで解散?…え?マジで?」

香「あーもぅ、そう!!マジです!!
オメーがあの2人を置いてくからこうなるんだぞ!?」

サ「置いてったのはアレ、ただ単に台本に従っただけで…別に俺の意志じゃ…」

香「この後の台本見た限り、なんかウチも捨てられるみたいだし。」

サ「えー…。」

香「えーじゃねェよ、早く横になれよ!!」

サ「…っつーことは何だ?
お前も後々いなくなるってことは、近い将来、俺の共演者は大人だけってことになるのか…?」

香「だろうな。
…さ、本番始まるから、配置につけー。」

サ「大人だけってちょ…休憩中とかどーすんだよ俺…
話に入れないかも…
うー…同年代との共演がいいよー…(泣)」

香「あーわかった。
寂しくなったら駆けつけてやるから。
いつでもメールしていいから。」

サ「いや…女子はいいんだよ…。」

香「何!?
せっかくのウチの好意を…」

サ「同年代の男子とトークしたい…。
エロトークとか…。」

香「サイテーだなお前…。」

サ「でもよ、あの水月と重吾のヤロー、
俺がエロトークに誘うと白けた目ぇして逃げてくんだよなぁ…オールウェイズ。
だから、思いっきり楽しいことが出来なくて俺は。どんどんストレスが溜まってて」

香「じゃ、解散できてよかったんじゃね?(←嫌み)」

サ「うっ…それもそれで、嫌なんだよォォ!!」

香「…。」

サ「だって周りが大人だけとかもっとストレス!!
政治の話とか管総理の話とかされたらもう蚊帳の外だ!!
だからって大人をエロトークに誘うにも気が引けるし!!」

香「じゃー現場にエロ本持参でいいじゃん。」

サ「そんな大胆なことやったら、マスコミからパパラッチされる!!」

香「何で!!」

サ「こんな俺だぜ!?
世間ではクール&冷徹なキャラのこの俺だぜ!?
そんな俺がエロ本持ってニヤニヤしていましたなんて、マスメディアのいいカモだろ!!」

香「いっそのことカモになってみりゃーいいじゃん。
有名人になって、ドラマ出演とかのオファー来るかもしれねーぞ?
しかもそれが学園ものとかだったら同年代の男子いまくりじゃん。サイコーじゃん。」

サ「いやいやいや…有名人になるはなるけど、
悪い方向の有名人じゃん。
それこそ犯罪者方面の…」

香「何言ってんだよ。
サスケはもう犯罪者だろ?」

サ「本編はな!!
でも3次元では違うからな!!」



と、そこに「本番参りまーす!!」というスタッフの声。



そのかけ声と同時に2人の会話も途切れた。











‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

この後のサスケのマダラとの共演とかつらそー…。
舞台裏とかで会話成立してなさそー…。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ