The Union 忍

□ラヴァーズ
1ページ/1ページ



inサイゼリア。


何故か傷だらけでバンソウコウだらけの2人の青年が禁煙席に座っていた。


2人とも、
食品類は注文せず、ドリンクバーを飲んでいるだけである。



ナ「新OPさぁ…」

サ「ああ、ラヴァーズ?」

ナ「うん、あれさぁ、ひどくない?」

サ「ひどいって…どこら辺が?
いつも通りカッコいいじゃん。」

ナ「そうなんだけどさぁ…。」

サ「どうしたんだよ。一体何が不満なんだよ。」

ナ「最初のシーン…」

サ「…岩に亀裂が入って爆発するとこか。」

ナ「うん、そこさぁ、俺、監督から大体の説明受けた後、
そのシーンはCGでやんだろうなって思ってたんだけどさ…」

サ「まさかのガチ爆発だったとはな。」

ナ「そう…。
なんか本番前にスタッフがせこせこと地面に爆竹うめてってやんの…。」

サ「あー…埋めてたなぁ…」

ナ「でさぁ、案の定、本番始まったら音に合わせて爆発し出して…。
あんな近場に居たらさ、そりゃ岩の破片飛んでくるっつの…。」

サ「飛んできた?」

ナ「俺のバンソウコウだらけの顔見てわかれ。」

サ「おう…。見なくとも分かるぜ?
だって俺も破片飛んできたからな。」

ナ「痛かった?」

サ「当たり前じゃん。
顔にあざできたよ俺。」

ナ「あ、俺もできた。
だからそのあざが完治するまでTVの仕事は休みだってばよ。」

サ「同じく。」

ナ「…じゃあさ、この有休を利用して、
ディズニーsea行かない?
この前復活したばっかだし。」

サ「あ、行く行く。」



なんとなく、
死んだ目をしていた2人だった。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今更なネタですみません…。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ