The Union 忍

□腹痛
1ページ/1ページ




えー、うちのサイが、

腹をこわしました。








サイ「サっ…サスケをッ、ぜーはぁっ、木ノ葉の手でっ…
ぜーっ…処理ッ…すっ…」



セリフ合わせ中、
汗だくだくのサイは腹を押さえながら雪の上にしゃがみ込んだ。



ナ「サイ…?」

サイ「きっ…君の…同期メンバー、ぜーはっー、全員がっ…
その…つもりでっ…動く!!!」

ナ「ちょっとホラーチックになってる。
腹痛いならムリすんなよ。」

サイ「ナルト…セリフ違う…ぜーっ」

ナ「あ…ごめん…
でもあのさ、サイ、腹痛いんなら少し休憩…」

サイ「もう1回、処理のセリフからっ…ぜっはっ…やるよ?」

ナ「お…おおう…。」



マジで大丈夫なのか…?サイの奴。



なんか死にそう…。



サイ「サっ…サスケを…
木ノ葉の手で…しょ…処理…処理するぅぅぅ!!!(痛さのあまり目をカッと開きつつ雪の上に転倒)」

ナ「ギャー!!やめろサイ!!その迫真の演技!!
こえーよ!!怖すぎてサスケが呪い殺されそうだってばよ!!」

サイ「アイツなんざ死にゃーいい…。」

ナ「え?ホンネ?
しかも口調何キャラだてめー。」

サイ「病人に向かっててめーとは何!?てめーとは!!(ナルトの足首をつかむ)」

ナ「うわー!!すみません!!
足首つかまないでくれ!!」

サイ「うう…ナルト…いい加減マジメにやってよね…
君、今のところっ…セリフすべて間違ってるから…ぜー…」

ナ「いや、これは間違えてるんじゃなくて、お前に切実にツッコミを入れてるだけなんだけど…」

サイ「言い訳はいいよ…。
とにかくっ…やろうっ…もう1回っ…処理のセリフからっ…」

ナ「…はい。」

サイ「…サスケをっ…木ノ葉のてっ…手でッ
ぜーはっーッ…処理…(力尽き、ナルトの足首をつかんでいた手を雪の上に落とす)」

ナ「…カカシ先生、ヤマト隊長。」

2人「?」

ナ「サイが、腹イタで処理されました。」

カ「腹出し衣装だからね。
ま、しょーがないんじゃん?」

ヤ「先輩、病人目の前にしてなんか軽いですね。」








‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

一時間後、サイは無事、復活しました。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ