The Union 忍

□パンの売り切れ
1ページ/1ページ



母「大変よ!!」


スーパーに買い物に行っていたうずまき家の主婦クシナは慌てた顔をして帰ってきた。


父「ど、どうした!?」

母「…どのスーパーに行っても…パンが…パンの棚が、すっからかんなの!!
お母さん、あなたたちの朝ごはんを確保できなかったの!!(泣き崩れる)」

子「えええ!?
じゃあカップラーメンは…!?」

母「それも完売よ…。」

子「ゲッ」

母「だからしばらく…3人とも朝ごはんは抜きにしましょ…。」

父「早まるな!!朝ごはんは一日のエネルギー源だぞ!?抜きってそんな…。」

母「仕方ないじゃない…!!
私にこれから毎朝手料理しろって言うの
!?
私もパート始めたの!!朝は時間がないの!!」

子「母ちゃん…。」

母「…でも、薄力粉とか強力粉は沢山あったから…それだけは買って来たわ…。(言ってそれらを袋から取り出す)」

父「お前…これ…どうやって食べるんだ?」

子「生で食ったら腹壊す類いだぞそれは…。」

母「作るのよ…。」

子「?」

母「パンを…家で作るのよ…。」

父「まさに自給自足だな!!」

子「母ちゃん頑張れ!!」

母「ええ…みんなで作りましょう?」

父「って、男群も参加するの!?」

母「当り前。
生地をこねるくらいならできるでしょ。
こんな時こそ、家族で協力しなくちゃ!!」

子「…おう!!」








‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

我が家でも、母がパン購入に失敗したら自給自足なんです。(ちなみにパンではなくベーグルですが…)
それは大抵、クッキング部の私の仕事になっています。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ