The Union 忍

□試験監督
1ページ/1ページ



高1-1――。


二月に入り、ますます寒さが厳しい朝になってはいるが、
ここのクラスにはそんなものもろともしない野郎がいた。


ナ「みんな!!
俺、5日にこの学校の試験監督やってたんだ!!」


そいつは何故がほかほかの身体で教室に飛び込んでくるや否や、
突然そんなことを宣言し出す。


シカ「あっそ。だからどうしたんだよ。」

ナ「はー!?シカマル冷たッ!!」

シカ「…。」

キ「おいおい、お前どうしたんだよ。
朝からそんなテンションマックスでよ〜。」

ナ「…うふふw」

シカ「何…キモイよ…なんか…。」

ナ「いやあな、俺な、ここの試験監督やってたら、
この学校受験してた奴の中に超かわいい子がいてw」

キ「お!!マジで!?どんな美人!?」

ナ「サラサラ黒髪の、ヤマトナデシコ的美少女だったんだけどさ、
俺、その子になんとかして気づいてもらおうと思ってさ、目線アピールしてたんだw」

シカ「いつ。」

ナ「…数学の、試験中に。」

シカ「バカだろお前。
んな集中して問題といてる奴に目線でアピールしたって、どーにもならねぇだろうが。」

キ「馬鹿、お前、ナルトの目力をなめんなよ!?」

ナ「そうだそうだ!!」

シカ「じゃあ効果はあったのかよ。
目線アピール。」

ナ「…ない!!」

シカ「正直…!!」



ちなみにそのヤマトナデシコは、
試験に合格したものの、この高校の入学手続きはには来なかったらしい。










‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

受験って大変ですよね…。←

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ