The Union 忍

□愉快な部活
1ページ/1ページ


愉快な部活!!

〜クッキング部編〜



最近の男子は、料理ができなきゃモテない―――



そんな噂を耳にした、女子にモテたくてしようがない男子数名が、

女の園、
クッキング部に入部してきた。


ナ「え…えーと、
高1-1の、うずまきナルトです!!」

チ「同じく1組の、秋道チョージです。」

シ「油目シノだ。よろしく。」

キ「犬塚キバでーす!!」


以上4名。


テ「え、じゃあ、みんなの、入部理由でも教えてもらおうかな?」


4人の冴えない男子が各々自己紹介を終えた後、
部長のテンテンが前に出てきてそう言う。


ナ「(小声で)いいか?女子にモテたいからとか、ぜってー言うなよ?ドン引きされるから…。」

チ「(小声で)もちろん。」

テ「…どうしたの?」

ナ「ああ、いや、何でもないってばよ…。
えーっと、俺は、その…カップラーメンしか作れねぇから…できる料理のバリエーションを増やしたくて…。」

チ「僕はお菓子が好きだから、自分でも作れるようになれたらなって思って。」

シ「…存在感がないから俺…。
せめて料理だけででもいいから自分の輝きが欲しくて…自分探しの旅に出ることにした。」

キ「重いんだよ理由が…。
俺は…料理ができる奴はモテらしいから入ろう!!ってナルトとチョージに誘われて入りました。」

テ「え…。」


部長、蔑んだ目でナルトとチョージを見る。


ナ「バカ!!キバ!!
なんで言っちまうんだよ!!」

チ「うわー!!!最悪だ!!」

キ「だって!!俺は嘘ついちゃいけないって昔から母ちゃんに教わってたから!!」

ナ「だからって、言っていいもんと悪いもんの区別くらいつくだろー!!?」

チ「いまだにお母さんの教えに従ってんの?
もしかしてマザコン?」

シ「反抗期が来ないパターンだな。」

キ「うるせーな!!素直な息子で両親は苦労しねーんだよ!!」

ナ「知らねーよ!!」


ぐちぐちとケンカを始める男子4人。


そんな男子達を見て、

部員の一人サクラが一言。




桜「あんたたちは料理出来たって、顔がアレだからモテやしないわよ。」



そのお言葉を聞いた男子達はしゅんと静かになる。




ナ「大塚美容整形外科言って大塚娘になってきます…。」


4人はトボトボと調理室を後にしたのだった。











‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

面白みに欠けた文となってしまいました…。
でも懲りずに手芸部編とか花道部編とかやる予定…。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ