Akastuki

□サソリ座の女。24
1ページ/2ページ


『サスケの没落』




サ「はーあ…。」



5月12日のアニメOA以降、
BARサソリ座の女には日々落ち込みの度合いが激しくなっている1人の男子がいた。



蠍「あのよ…。
俺の店ん中で、深〜いため息つかないでくれるか?
気分悪くなる。」

サ「…ごめんなさい。」

蠍「…やけに素直なのも気持ち悪いんだけど…。」

デ「一体何があった?イタチの旦那の弟くんよ。うん。」

サ「いや…何も。
お前らには関係ないことだし、気にすることねーよ。」

蠍「そうやって1人で抱え込むな。他人に愚痴ることも大切なんだぞ?
なんならバーテンダーであるこの俺が、愚痴を受け止めてやる。一口1000円くらいで。」

イ「そこお金とっちゃう感じなんですか…?」

蠍「イタチは黙ってろ。
さ、若僧、1000円よこせ。」

イ「あの、若干カツアゲムードになってるんですが。
やめてくれません?人の大事な弟に。」

蠍「じゃあお前は何か知ってんのかよ。コイツの内部事情。」

イ「知りませんよ。
俺だって『どうしたんだい?』って爽やかに質問してるのに全然口を開いてくれなくて…。」

デ「爽やかに質問する意味はあったのか…?」

蠍「おい九尾。
主役様々のお前なら何か知ってんじゃねーの?イタチ弟のこのテンションの低さの理由。」

ナ「うーん…俺も詳しくは話してもらえなかったんだけど…
確か、サスケのファンクラブが廃れつつあるんだよな?」

サ「…うん。」

蠍「ファンクラブが廃れる…?」

ナ「ファンクラブの会員数が5月の12日から減りまくってるらしいんだってばよ。
なんだっけ…?既に半分くらいになっちまったんだっけ?」

サ「…うん。(泣)」

蠍「半分ッ(笑)」

ナ「店長そこ嬉しがるところじゃねーだろ。
史上最大のナルシストのサスケにとっちゃ、耐え難い事なんだから。
な?サスケ?」

サ「…うんッ(号泣。そのままカウンターに突っ伏す)」

イ「サッサスケェェ!!
そんな大事なこと、何で兄さんに言ってくれなかったんだァァ!!(もらい泣き)」

蠍「何アンタまで号泣してんだよ。」

デ「つーか、何故そこまで人気が下がった?
この前まで俺が一番人気者だとかほざいてたのによ。」

サ「うう…たぶんそれは…
あのシーンが原因だと思う…。」

蠍「あのシーン…?」


と、そこに2人の女性客が来店。

桃色の毛がかわいらしいサクラと、メガネが異常に顔に合う香燐であった。


2人とも、渋谷の109帰りと言うことで、
やけにオシャレをしている。


サ「うわー出たッ」

蠍「おーw願ってもないスペシャルゲストw」

ナ「サクラちゃん超カワウィー!!」

桜「何か軽いわよアンタ。」

蠍「で、もう一人の方は…香燐ちゃんだっけ?
俺の店は来るの初めてかな?」

香「ちゃん付けやめろよ。気色悪い。」

蠍「ちょっ…オジサン傷つくからよせよその言い方…。」

ナ「なーなー、サクラちゃんたちって仲良いの?
なんか俺的には2人はライバルって感じだったんだけど。」

デ「あー、サスケを取り合う的な?」

サ(女子2人から顔を背ける)

桜「サスケくんを取り合うライバル…?
フフ、何言ってんのよ。私達、超仲良しなんだから。ねー?w」

香「おう!!ニコイチって奴だな。」

ナ「ふーん。意外。」

イ「いつからそんなニコイチになったんだ…?
共演もろくにしたことなかっただろう2人は。」

桜「うーん、共演はそんなにしたことないけど…仲良くなったきっかけはやっぱりあのシーンかな?」

香「そうだな。」

サ「…。」

蠍「サスケもさっき同じこと言ってたけど、あのシーンってなんだよ。」

桜「うそッ店長知らないの!?
今メディアですごく話題になってるのに!!」

蠍「そ、そんなに!?」

香「あのシーンっつーのはな、アレだ…。
ウチが、サスケに、刺されるシーン。」

サ「(唐突な営業スマイル)うん、ごめん。
はい、これ席譲るからwあははwホントごめんねー。
うん、存在しててごめん…(ナルトの腕をつかんでカウンターの後方にあるソファーへ)」

ナ「え、ちょ!!何で俺まで連れてくんだよ!!サクラちゃんの隣に座ってたかったのにー!!」

サ「シャーラップ!!!
悪いがしばらく俺の心の支えになってもらうぞ?我が友よ…。」

ナ「サスケ…精神科行くか…?」


後方のソファーで何故か小声で話す男子二名。


一方カウンターでは、
残酷な女子トークが始まろうとしていた。






.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ