Akastuki

□一族の恥
1ページ/1ページ




今朝、ずっと隠してきた高校1年3学期成績表を
兄に見つけられてしまった。



イ「サスケェェェ!!
この成績は何だ!!俺の弟とあろうものがッ!!」

サ「ギャーッ
エロ本とエロ本の間に隠しといたのに、何見つけて来てんだバカヤロー!!」

イ「今はエロ本とかどうでもいい!!
それよりも何ちゅーざまだサスケ!!
英語とか数学とかはオール5、なのに何故体育だけ1!?」

サ「すべての授業をサボったからだ!!
それが何か問題でも!?」

イ「大問題だろ!!
うちは家は、才色兼備、勉強もできるしスポーツもできる、そしてイケメンって言うのが売りだったのに!!
お前は一族の恥だ!!」

サ「その言い草はねーだろ!!
大体、その3学期の体育!?種目がバレエだったんだよ!!そりゃサボりたくなるっつーの!!」

イ「何!?バレエだと!?」

サ「ああそうだ!!
クラスの男子ほとんどは授業出てなかったからな!?
ついでに言うとあのナルトも全部欠席で1を取った!!」

イ「ナルトくんとお前は違う!!」

サ「違わねーよ!!同じ下ネタ大好き16歳の男子だよ!!」

イ「下ネタ好きなのかお前!!
ますます一族の恥だ!!」

サ「フン!!
そーゆーアンタだって、21歳、バリバリの発情期じゃねーかよ!!
人のことエロだ何だ言えるタチじゃねーだろ!!」

イ「フフ…発情期…?エロ…?
この兄さんが、そんなバカヤローなワケないだろ!!
俺は…変態大魔王だからな!!
発情期とかエロとか、そんなかわいいもんじゃない!!」

サ「アンタの方が恥だよ!!
もう名字変えろ!!山田とかに!!」








‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

山田イタチ。
ことごとく平凡。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ