Akastuki

□計画停電
1ページ/1ページ



※うちは家は第四グループ。



3月17日木曜日、午後6時20分頃からうちはさんとこの家も真っ暗になった。



母「あ、停電よ。」

父「確か、ママとパパの結婚式の時のロウソクがあったな。
それで明かりを確保しよう。」

母「あらやだ恥ずかしいわ〜
他にロウソクはないの?」

父「…ない。」

弟「ねーのかよ。」

母「え、ちょっと待ってよパパ。
まさかうちにあるロウソクってそれだけ?」

父「だな。」

兄「ガチですか!?」

母「どうするのよ…これだけじゃ一週間も保たないわよ?
毎日三時間ずつあるんでしょ?大丈夫なの?」

父「きっと大丈夫さ
それよりもほら、あったぞ〜、思い出の品w」

兄「おー。」

父「ああ…あの日のママは極上に美しかったなァ(言いながら火をつける)」

母「ちょっと//パパ//」

弟「…なぁ、ロウソク、短くね!?」

母「…約10センチね…。」

父「…保たないな。さーどうする。」

弟「買ってくる。」

母「何言ってんのよ、今頃どの店も売りきれよ。」

弟「じゃあどーすんだよ。」

父「うーん…。」

兄「皆さん!!」

母「?どうしたのイタチ…。」

兄「大丈夫です。落ち着いてください。
…いざとなったら、俺のこの長い髪を切って火をつければ、
灯りを確保できますから…。」

母「イタチ…そんなに切羽詰まらなくてもいいのよ?」



長男の顔は、下から照らすロウソクの明かりのせいで、

若干ホラーチックになっていたという。







‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

停電中に、ロウソクは必須ですね。
あと懐中電灯。

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ