Akastuki

□暁芸術大学
1ページ/1ページ



『芸術学部彫刻専攻』



デ「サソリの旦那!!」


元気な声で、
大きな彫刻をかついで部屋に入ってきたのは、

暁芸術大学、略して芸大の1年、喝デイダラ。


蠍「旦那じゃなくて教授と呼べ!!」


芸大の芸術学部教授、赤毛・チビ・サソリ(35)。


デ「そんなのどうでもいいと思います!!
ってゆーか見てくれ!!オイラ頑張ったんだぜ!?」


喝はかついできた彫刻を床にドスンと置く。


蠍「…頑張ったって…持ってくるのをか?
なんか5mくらいの高さなんだけど…。でかくね?」


彫刻は、
仁王立ちした裸の男の像。


デ「自宅で作ったんだ。うん。」

蠍「お前の家は天井が5mもの高さがあるのか!?
どんな豪邸だ!!」

デ「豪邸って…言いすぎですよ旦那。
オイラはフツーの小さなボロいアパートに住んでいます。」

蠍「そんなとこでどーやって作ったんだこれ!?」

デ「アパートの天井をくりぬいて作りました。」

蠍「くりぬいたの!?」

デ「はい。オイラJust最上階に住んでるんで、上に誰もいないんですよ。だから何も心配することなくすんなり開けることができた。うん。」

蠍「すんなりって…大家さんにばれたら怖えーぞ?」

デ「ああ…その心配ならしなくてもいいですよ。」

蠍「いや、別にしてねーよ。心配。」

デ「もうとっくに、大家さんの雷くらいましたから。
あとは荷物まとめて、出て行くだけです、うん。」

蠍「結局追い出されてるじゃねーか!!」

デ「…で、旦那。
オイラの力作、評価のほどよろしく頼むぜ。」

蠍「ん?ああ…そうだな。
えー…(5mの彫刻を見上げる)なんていうか、構造が変だぞ?」

デ「え!?構造!?どのへんっすか!?」

蠍「脚が…異常に長い。
上半身の二倍はあるよこれ。いくらスタイル良くっても、これじゃあ気持ち悪いだろう。」

デ「旦那違います!!2.5倍です!!」

蠍「もっと悪いわ!!
あと、顔の大きさね!!ゴルフボールくらいしかないけどアレホントに顔なの!?
5mの身長にゴルフボールの顔は小顔過ぎると思うぞ!?いったい何頭身ですか!?って言いたくなっちまうよ!!」

デ「そこがいいんです!!」

蠍「どんなこだわり!?センスおかしいよあんた!!」

デ「めっちゃイケメン像にしようと思ったらこうなったんだ!!」

蠍「そうなの!?
でもこんな脚長で小顔な奴がいたら絶対、
仰天ニュースとかで紹介されるよ!!見てください!!珍しい人種です!!って。」

デ「ちなみに、演劇専攻のイタチの旦那がモデルです。」

蠍「顔が上にある兼小さすぎるで全然わからなかったよ!!」

デ「そこがまたいいんです!!」

蠍「お前よくこの大学受かったな!!」

デ「それと…この彫刻の足元についているボタンを押すと…(ボタンクリック。イタチがモデルらしい彫刻のケツの割れ目から、何か茶色いものが出てくる)…肛門から味噌が出てきます。うん。」

蠍「ちょ!!うん。じゃねーよ!!何その俺はやったぞみたいな顔!!
下ネタ厳禁!!ダメー!!」

デ「サソリの旦那…何勘違いしてるんですか?
これはただの味噌だ。ピーじゃない。」

蠍「出てくるところがおかしいんだよ!!目から出てくるとかへそから出てくるとかならまだいいけど、
何で肛門!?」

デ「目から?もちろん出ますよ。
てゆーかすべての穴から味噌は出ます。」

蠍「目は穴じゃありません!!」

デ「いけ!!イタチの旦那の味噌ビーム!!(ボタンを高速で押しまくる)」

蠍「うわー!!目から大量の味噌が水鉄砲風に飛び出してくる!!気持ち悪い!!」

デ「教授!!
そろそろオイラの作品の評価を!!」

蠍「悪い言葉しか浮かばねぇ!!」

デ「え!?何で!?
めちゃめちゃいいとこあるじゃないですか!!むしろ長所しかないいですよ!?」

蠍「長所もくそもねーよバカ!!
こんな卑劣なもん、まともな評価すら出来やしねぇ!!」

デ「はー!?」

蠍「っつーか喝デイダラ、お前はイタチにあこがれてんのか!?」

デ「(肛門から味噌が出るボタンを押しながら)…うーん…。」

蠍「こんな脚長小顔にするくらいだから、そーとーだと俺は思うんだが…。」

デ「そーだなァ…。あこがれっていうか、どっちかって言うと…喝!!」


イタチ爆発。
中に入っていた味噌が飛び散る。


デ「嫌いです。」

蠍「…何やってんのお前!!力作じゃなかったのかよ!!
つーか体中味噌まみれになっちまったんだけど!?」

デ「芸術は爆発だ!!」キラーン










‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

途中下ネタ失礼しました!!

.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ